>
旬の情報

旬の情報

 

 旬の情報

 

 

seasonal_spring.png

鳴門鯛の活造り

この時期の鯛(タイ)は「桜鯛」と呼ばれ、世界一の急流である鳴門海峡の渦が一番激しい時期に獲れた鯛です。激しい渦潮に揉まれた鯛は身が引き締まり、活造りにして食べると最高に美味。鯛めしや宝楽焼などの鯛尽くしで贅沢するのに良い季節です。
 

ちりめん・いかなご

ちりめんやいかなごは、EPAやDHA、カルシウムが手軽に摂れる健康食品のひとつです。生のものから乾燥したもの、淡路島ではくぎ煮にしたものまで、さまざまな味わい方があります。中でも最高級のいかなごの稚魚(コナ)を使用して作られた淡路島産のくぎ煮は、温かいご飯と一緒に食べると最高!美味しく栄養分も豊富で、小さなお子様からお年寄りまで喜ばれています。

ikanago.jpg

 

冬 

 

seasonal_summer.png

鱧(ハモ)

夏の味覚である鱧(ハモ)が、たくさん水揚げされる福良港。梅雨明けが最も脂がのって身も厚くなり、一番の食べ頃です。定番の「湯引き」を梅肉で食べるのもあっさりと美味しいですが、淡路島では「鱧すき」にして食べるのがご当地料理です。淡路島産の玉ねぎと一緒に煮込むことで鱧に甘みが加わり、絶妙な味わいになります。夏場の鍋料理ですが、あっさりとしているのでお年寄りから子供まで好まれています。
 
 
 

 

 

seasonal_autumn.png

鳴門鯛宝楽焼

鳴門鯛宝楽焼(なるとだいほうらくやき)は、素焼きした陶器の鍋に那智黒と昆布を敷き詰め、世界一の急流鳴門海峡で育った鳴門鯛と新鮮な魚介類をのせ、蒸し焼きにした豪快な料理。万葉の時代に淡路海人が海の幸を野焼きにし、宮人へ献上したことがはじまりといわれています。

 

 

 

 

冬 

 

淡路島3年とらふぐ

淡路島最南端の福良湾は、fugu.jpg鳴門海峡の激流が生み出すミネラル豊富な天然の漁場。
「淡路島3年とらふぐ」は国内産の稚魚のみを、3年間の歳月をかけて大切に育てることにより、引き締まった身・肉質量ともに、ひと味ちがう濃厚な旨味・歯ごたえ・コクと、絶品を極めています。

 

  ・ふぐ刺し(てっさ):ふぐの刺身のことで、てっぽう(ふぐの事)の刺身なので、てっさと言います。 切り身が透けて見えるほどの「薄作り」で身を細く包丁で引いて刺身にして、箸ですくってポン酢で食べる方法が一般的です。 薬味としてもみじおろしなどをポン酢に加え、食べられています。

・ふぐ鍋(ふぐちり、てっちり):ふぐのあら身などを季節の野菜とともに水に昆布でだしをとり炊けた後、ポン酢で食べる、ちり鍋が一般的です。

・雑炊:ふぐ雑炊は雑炊の中では最高のものと言われています。てっちり(鍋)を食べた後のだしに、塩とポン酢で味を整え、食べられています。

・ヒレ酒:ヒレは完全に血抜きをし、天日にて乾燥させます。 ヒレはこんがりとキツネ色に焼いて、超熱燗を注ぎ完成です。上等のヒレ酒は、香りも味も最高です。

 

 
・から揚げ:淡白なふぐには油が非常に相性がよく、人気の一品料理です。

・焼きふぐ:ふぐは非常に淡白で繊細な味を持っているので、シンプルに塩焼きもオススメです。

・ふぐ皮(てっぴ):ふぐ、特に皮には、高級たんぱく質であるコラーゲンが沢山含まれています。 しかし、ふぐの皮には無数のとげがあるので、皮引き(さめ皮引き)をしてから食べます。

・白子(ふぐの精巣):白子は季節物でだいたい12月ぐらいから4月ぐらいの間しか捕れません。 生白子、焼き白子、鍋白子が主に食べられています。

 

 
 
 

 冬